デンタルヘルス【子供にも人気の矯正歯科や顎関節症の治療】

笑顔

仕組みを知る

歯科

インプラントとは、顎の骨にチタン製の歯根を埋め込み、人口歯をかぶせる歯科治療の方法です。保険はききませんが、見た目にも、元々あった歯と遜色なく、とてもキレイになるので人気があります。

詳しくはこちら

矯正歯科の必要性

歯科

天王寺区にもたくさんある矯正歯科治療へ行っている子供たちを見ますよね。子供の頃は表側の歯に装置が付いているのを見た時に恐怖心を覚えたことを思い出してしまいます。しかし、矯正歯科治療は大事な事だという事を思い知らされました。日本人の歯の本数は全部で28本あるのですが、矯正歯科を行わず、日常生活を前提として60歳代で半分(14歯)の歯を失い、80歳代では約半数の人がすべての歯を喪失しているということなど、国民の保健上から依然として大きな課題となっています。そんな矯正歯科治療を行わないことで、歯ブラシが届きにくく虫歯や歯周病になるリスクが高くなり発音に影響を起こす場合があったり、食べる時に、しっかり食べ物を噛めない場合があります。成長期に、悪い歯並びや、指しゃぶりなどのお口の癖を放置しておくことで、顎の成長が悪い方向にすすんだり、 発育不足をおこすことがあります。
また悪い歯並びで外見にコンプレックスを持ち、心理的に悪い影響を与える場合があります。大人の矯正歯科治療といのは、年齢問わず治療できますので思い立ったら相談しに行きましょう。外見の変化がもありますが、矯正歯科治療で良くなるのが「かみ合わせの改善」です。良いかみ合わせが出来ることで、頭痛、肩こり、腰痛、膝痛など全身のいろいろなところに影響が良くなると言われています。また歯並びが良くなると、今までは歯ブラシが届かなかったところまで、歯磨きができるようになり、むし歯や歯周病の予防が容易になります。さらに、食べ物をよく噛んで食べるようになり、消化や吸収を助け、内面からも健康になります。結果、年齢を重ねた時には健康な歯で美味しい物を食べることが出来ますね。

矯正の例

歯科

子供の歯並びが悪いとき、多くの原因は口の周りの筋肉が弱くなっているためです。筋肉をつけるトレーニングやマウスピースをつけたり、それでもだめなら矯正歯科でブラケットを装着したりします。

詳しくはこちら

白い歯を保つ方法

治療器具

せっかく料金を払って歯をホワイトニングした後は、白い歯を保つために日常生活でちょっと気を付ける努力をしてみましょう。コーヒーや紅茶、ワインといった色の濃い飲み物は歯を着色してしまいます。

詳しくはこちら

抜歯するリスクが減る

歯磨き

子供の内に矯正歯科の治療を受けるこちにより、歯並びが悪くて抜歯するというリスクを避けることができます。治療方法も色々あるので、条件に合わせて最適な歯科を選ぶようにしていきましょう。

詳しくはこちら

清潔感がある

歯科

歯のホワイトニングが注目されています。にこっと笑った口元から、白い歯がちらっと見えるのは、とても好印象を与えますし、自信をもって笑顔をつくることができます。清潔感すら与えます。

詳しくはこちら

第2の永久歯

歯科

何らかの原因で歯を失ったとき、新しい歯をその部分に装着させようと多くの人は考えます。見た目にも機能的にも都合がいいからです。インプラントなら自分の歯みたいに仕上がるので毎日の生活が大きく変わります。

詳しくはこちら

歯並びが悪い子供

インプラント

いま、歯並びの悪い子供がふえているそうです。その原因は、口の周りの筋肉が弱くなったため、というのが最も多いそう。柔らかいものばかり食べていると、顎周りの筋肉も発達しません。早めに矯正歯科で治療を始めましょう。

詳しくはこちら

若い女性に多い

歯

顎関節症は、20代から30代の比較的若い女性に特に多い病気です。専門医によると、一部では女性ホルモンが関係しているという説があったり、かみ合わせやストレスだったりともいわれます。

詳しくはこちら

タイプで変わる

歯科医

顎関節症には、いくつかのタイプがあると専門医は考えています。筋肉の障害によるものを始めとして、4つのタイプに分けられますが、複数が重なっている場合もあるとされています。

詳しくはこちら

Copyright©2015 デンタルヘルス【子供にも人気の矯正歯科や顎関節症の治療】 All Rights Reserved.